スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top

名称未設定-1_03
名称未設定-1_06
名称未設定-1_08

名称未設定-1_07
名称未設定-1_10


小林邦夫(こばやしくにお)
労働大臣認定:一級家具技能士

1978年 広島大手家具メーカー入社(新商品開発に従事)
1986年 東京重機那須塩原センターにてミシン研修終了、および中小企業大学東京校にて自動化設計、メカトロ化研修終了
1987年 東京重機那須塩原センターにてアタッチメント研修終了
1995年 タイで張りの技術指導
1998年 労働大臣認定・一級家具(張り)技能士資格取得
2002年 特殊開発商品「ころっぴ」が番組『めざましテレビ』で紹介される
2005年 中国で張りの技術指導
2012年 「張り工房KoBa」を設立
2013年 家具製造メーカー依頼によりミラノサローネ出品作品試作協力
スポンサーサイト

椅子展 ・・・ありがとうございました・・・ 

b t1

広島の八丁堀 街中の一角にギャラリーGがあります。
落ち着いた雰囲気の中、椅子たちもお行儀よく並んでいる様でした。

7月5日~7月10日の6日間 皆様のおかげをもちまして、無事展示会を開催することが出来ました。
お忙しい中ご来場いただいた方々、準備や展示に携わってくださった方々 全てのみなさんに感謝いたします。
ありがとうございまいした。

b t4

9人の作家の思いがこもった椅子は個性的なものばかり。
量産は出来ませんが、手間暇がかかっています。

ご来場いただいたお客様は、たまたま通りかかった方もおられれば、
新しいものを見つけに来られた方まで様々。

広島にもオンリーワンを求める方は多いと感じました。

b t2

我々のような作り手はなかなか皆さんとお会いできる機会がありません。
今後もこのような展示会を開催し直接お話し出来たら 可能性が広がるのではと思っております。

b t3

最後に 張り工房KoBaが展示した かぐや姫 です。
畳の上に置いているイメージのご紹介です。

アームチェアの張り替え

一人掛けですが大きなアームチェアをお預かりしました。
途中経過とともにご紹介します。

張り替え前
ご愛用されてきたのでしょうね。木部も重厚感のあるデザインです。
布地も中身も傷んでいました。
b b


このように椅子を分解して剥がしていきます。
土台はしっかりしていましたが、ウレタンが経年劣化しています。
写真は背の部分と座の部分のウレタンをそれぞれ半分に切っている状態です。
b a2
b a1


ウレタンをやり変えた状態です。
座の部分を見て頂きますとウレタンが三層になっているのが分かるかと思います。
その椅子に最適なウレタンの組み合わせを考えています。
b a3

表面にロール綿をあて、中身は完成です。
この度は張り替え前と同じような布ではなく少し硬い合皮に張り替えることとなりましたので、
もともと張ってあった布と同じ型ではぴったりと椅子に合うものが出来ません。
この中身が完成した状態を元にイチから型どりをしていきます。
b a4

張り替え後
硬い生地ですので、出来上がりを予想しながら慎重に型どりをしていきました。
b a5
肘掛けの部分もボリュームがありますね。
これからも長時間座ってご愛用頂けるものと思います。
b a6

歯医者治療椅子の張り替え

歯医者さんの治療椅子の張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
背の部分です。写真では分かりにくいのですが、生地が少し傷んでいました。
b b1
座の部分も中身のへたりが見受けられました。
b b2

張り替え後
背の部分は中身を補充しました。
座の部分は中身のウレタンを全て取り替え、座り心地が良くなりました。
医療の現場は清潔に気を使っておられます。
b a1

ダイニングチェア張り替え

今年の梅雨は雨がよく降りますね。
太陽が待ち遠しい広島です。

今日はダイニングチェアの張り替えをご紹介します。

張り替え前
生地が傷んでしまっています。
ウレタンもへたり、座面が椅子からはみ出て広がっています。
b b1
背もたれの部分も手が込んでいますね。
木部の塗装もあわせてされることとなりました。
b b2

張り替え後
ウレタンをやり変えてかちっと適度な硬さが出ました。
背の楕円部分と座の縁どりに、光沢のあるトリム(飾りパイピング)を使いました。
木部を塗装し、艶が出て綺麗になりましたね。
b a1
今回肘掛けのあるタイプの椅子もありました。
丁寧に型どりさせていただきます。
b a2

椅子展 ・・・広島の9人・・・  ご案内

椅子展 スキャンデータ1 b
椅子展 スキャンデータ2 b
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は展示会のご案内をさせていただきます。

椅子展 広島の9人
   広島の9人による椅子の作品展

日時:2016年7月5日(火)~10日(日)
   11:00~19:00(最終日は17:00まで)

場所:ギャラリーG (アーバンビューグランドタワー 一階)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
張り工房KoBaの通常業務は椅子のリフォームですが、
オリジナル商品も作製・販売しております。
この度、上記展示会にも出展させていただくこととなりました。
ものづくりにご興味のある方は是非足をお運びください。

張り工房KoBaでは椅子の下張り材の選び方・使い方、
布・革・合皮を生かした型作りから指導までをおこなっています。
どうぞお気軽にご相談ください。

アンティークチェア張り替え

アンティークチェアの張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
鋲止めのダイニングチェアです。木部の曲線が特徴的ですね。
b b1
生地が破れていました。
b b2

張り替え後
この写真では椅子の裏側が分からないのですが、座面を支えるテープも伸びてしまっていました。
ウェービングテープを張り替え、中身のウレタンもやり変え、座り心地も格段によくなりました。
b a1
これからもまだまだご愛用いただけますよ。
b a2

アンティーク椅子張り替え

一人掛けのアンティークチェアの張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
木部全体に施された彫刻は手が込んでいますよね。
アンティークチェアが根強く愛されるゆえんです。
b anb

座面がヘタっています。背の部分も裏表共に中身のウレタンからやり替えをします。
b anbz

張り替え後
生地は背と座、別々のものを選ばれました。同系色で上手く組み合わさっています。
背は中身のウレタンをやりかえ厚みを出しました。
b ana

座は羽毛を殺菌してふっくらさせ、形を整えて新しいウレタンで包みました。
肘掛けにあたる部分は綺麗にはまるように型を変えました。
b anaz

ピアノ椅子の張り替え

ピアノ椅子と弦楽器演奏で使う椅子を同じ雰囲気で張り替えたいというご依頼をいただきました。

張り替え前
ロングタイプのピアノ椅子です。
猫ちゃんが爪でカリカリやってしまったとのことでした。
b pb

張り替え後
ベルベット生地でのボタン締めの張り替え手法は当工房でピアノ椅子張り替えをされるお客様に人気があります。
光沢とボリュームがあり雰囲気が華やぎますね。
b pa

張り替え前
こちらは脚部がナチュラル色です。
b hb

張り替え後
落ち着いた色合いで上品な組み合わせですね。
b ha

展示会に参加しました

5月の気持ちの良い晴天のもと、大野で行われた住宅リフォーム会社さんの展示会に
参加させていただきました。
写真は準備風景です。
b2_201605231058044c7.jpg

ご来場いただいたお客様に張り替え前と張り替え後の椅子に座って違いを体感していただきました。
b1_20160523105941c89.jpg

ソファー張り替え

ソファーの張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
表皮はそこまで傷んでいませんが、へたり具合が気になるということでした。
b b1
b b2

張り替え後
生地はグリーン系を選ばれました。ふっくらとして座り心地が全く違います。
b a1

一人掛けも二人掛けも、背もたれの部分によっているドレープはもともとこういうデザインなんですよ。
張り替え前のイメージを大切にし、丁寧にとりくまさせていただきます。
b a2

ソファー張り替え

今日は、ソファーの張り替えをご紹介します。

張り替え前
広い座面ですね。IDEEのソファーです。生地が傷んでいました。
肘掛けの部分も幅広いデザイン。この部分は木が折れて陥没していましたので中身を作り変えることになりました。
b b

張り替え後
お客様は生地選びの際、肌触りにこだわられ、ベージュのコットン生地を選ばれました。
長い時間を過ごすソファーは、こういったポイントも重要ですね。
全体的に中身を補充し、綺麗になったソファーにお喜びいただきました。
b ai

肘掛けの部分も元通りです。
b a2

ダイニングチェアのカバー作製

ダイニングチェアのカバー作製をご依頼いただきました。

張り替え前
ベージュ系の生地で中身も少しへたれてきていました。
b bd

張り替え後
小さなお子様がおられるという事で、汚れが目立ちにくい生地をご提案しました。
中身も補充し、座り心地も改善しました。毎日使う椅子ですから、ぜひお気に入りのものにして頂きたいものです。
もちろん事前にお見積りをいたしますので、お気軽にお問い合わせくださいね。
b ad

アンティークチェアの張り替え

今日はアンティークチェアの張り替えをご紹介します。

張り替え前
彫刻も施されたアンティークチェアです。生地が傷み、座面と肘掛け部分が破れてしまっています。
以前にも同じ生地で張られたアンティークチェアをお預かりしたことがあります。今では手に入らない
モダンなデザイン、色調ですよね。
b b1

肘掛け部分には馬の毛が使われています。
b b3

二人掛けソファーも同じく座面部分が傷んでいました。
b b2


張り替え後

厚みのあるグレーベースの生地をお選びになり椅子の雰囲気によくマッチしています。
b a1

縁は鋲止めにし、細かい部分も丁寧に取り組ませていただきました。
b a2

これからもお部屋で存在感を放つことでしょう。
末永くご愛用ください。
b a3

刺繍入りクッション

今日は還暦のお祝いに作製したクッションをご紹介します。
当工房には刺繍機もありますので、こういったご要望にもお答えできます。

b kr
クッションのマチの部分に文字刺繍を入れました。
b kra
片面はストライプ、もう片面は無地の生地に花の刺繍をしています。

b kb
写真は少し加工していますが、お名前や記念日などをマチの部分に入れたら記念の品になりますね。
b kba
刺繍の図柄はお持ちいただいた図案で対応出来ます。

プレゼントをされるものはせっかくなら実用的なものがいいですよね。今日ご紹介したように全体的な刺繍でなくても、
ワンポイント刺繍を入れたり、文字だけでもいいかもしれません。

オンリーワンのクッション。是非お気軽にご相談ください。

中身も様々…

ブログに中身、中身とよく書いていますが、椅子の中身は色々あります。\(^o^)/
複数の素材を組み合わせて作ったり、素材を単独で使ったり。

工房で見せて頂く椅子は長年使用してこられた状態の椅子であることがほとんどですので、
その傷み方によって外見のみならず、中身も最適なものをご提案できる強みがあります。

今日はダイニングチェアの中身をご紹介します。

土台の木部中央が空洞でそこにテープが張ってあります。
弾力性のある座り心地です。長年の使用によりテープが伸びてしまっていますね。
ウレタンも一枚で出来ており、この状態になると中央部がへこんでしまいますね。
b ub

しっかりとしたテープをはりました。このテープはイタリア製なんです。強度がありますよ。
ウレタンですがテープにかかる部分にチップという硬いウレタン素材を使います。
それをすこし柔らかいウレタン素材でくるむわけです。
張り替えをされるときは中身もしっかりとメンテナンスされておくことをおすすめします。v(o゚∀゚o)v
b ua

アームチェア張り替え

アームチェアの張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
一人掛けとはいえずっしりと大きなアームチェアです。
本革で張ってありましたが、経年劣化しており表面がひび割れていました。
b b1

張り替え後
中身も補充し、座り心地のいい椅子になりました。
末永くご愛用頂けるものと思います。
b a1

LDチェア張り替え

LDチェアの張り替えをご依頼いただいたのでご紹介します。

張り替え前
鋲止めのデザインです。中身がへたっているようです。
b b

張り替え後
柄物の生地を選ばれ、イメージチェンジ。
中身のウレタンを替え、座り心地もアップしました。
b a

ソファークッション作製

だんだんと暖かくなってきました。さあ、先送りしていたお片付けにとりかかりましょうか。
天気のいい日にソファーのお手入れもしてみてくださいね。
クッションを外してみるとほこりがたまっているものです。
掃除機をかけたらクッションの中身を干しましょう。
数時間でも天日干しするだけでふっくらボリュームアップ。
ぜひおすすめです。

さて今日はソファーのクッション部分作製のご依頼をいただいたのでご紹介します。

土台
ソファーの土台をお預かりしました。この上にのせるクッションを中身から作りかえます。
b b

作製後
ご希望である硬めのクッションを作製しました。
背クッション、肘かけクッションの心材になるウレタンベースは二次元カットで作りました。
b a
b aa

ソファー張り替え

本革のソファーの一部張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
ヌメ革がいい色になっています。ひび割れをおこしている革を取り替えます。
また座のクッションも中身だけ取り替えることとなりました。
b bt

b bta


張り替え後
新旧の革が馴染んでいく過程も味わいですね。
b at
大きな鋲に存在感があります。
b ata

パーソナルチェア張替

まだもう少しの間寒い日が続きます。
昨年、ちょうど今ごろ工房のまわりにやってきていたメジロくん。今年はまだきません。
どこか他にいい餌場をみつけたかな?半分に切ったみかんを木にさして待ってますよ。

すこしづつでも春を探していけたらと思っています。

さて今日はパーソナルチェアの張り替えをご依頼いただきましたのでご紹介します。

張り替え前
背の部分が高く、ゆったり座れるデザインですね。柄がまた新鮮にも感じます。
イメージチェンジに張り替えをされることとなりました。
b pb

張り替え後
写真では少し分かりにくいのですが、ストライプのグリーン系生地で張り替えをしました。
軽やかな印象になりましたね。皆さんのお家のこういった一人掛けの椅子が物置になっていませんか。
ぜひ部屋の真ん中に置いて楽しんでくださいね。
b ap

スツール作製

お客様からのご要望に応じてスツールを作製いたしました。
既製品ではなかなか部屋にぴったりの物が見つからないこともあるかと思います。
色々とご相談くださいね。
b f

LDチェア張替え

LDチェアの張替をご依頼頂きましたのでご紹介します。

張り替え前
表は本革です。長年の使用によりしわがよっています。味わいもありますが、
中身を補充してイメージチェンジすることとなりました。
b b

張り替え後
グレーの本革です。すっきりとしました。
ba.jpg

トラックほろ 作製

当工房の軽トラの市販ホロが傷んでしまい余りにもみすぼらしくなってしまったので、
頑張って工房オリジナルで作製してみました。
細部にわたり使いやすさを取り入れて思ったよりいい感じに仕上がりました。自慢、、、(#^.^#)
ブログ用 b
改良点の自慢です。
・雨が降るとホロの上に雨が溜まりたれていましたが、屋根に丸みを付け心材を入れることにより自然に雨が流れ解消。
・運転でバックの際に後ろやサイドが見えにくかったのを透明シートを広く取り付け視界アップ。
・ホロを固定するゴムバンドが伸びたり切れたりしていましたが、それを無くしデザインも使いよさもグー。
(((o(*゚▽゚*)o)))
・ホロのフレームをボディサイドの上に移動さしたことで室内が広くなりました。
・後ろの開け閉めのホロは8号ファスナーに大きくしたので楽に開けます。また巻き上げの固定はフックで簡単ひっかけ出来ます。
・後ろに少し日差しを出したので雨の日も役立ちます。
・ホロ全体の車両への脱着も簡単。
・こんな軽トラ、他にはないのでどこを走っていても直ぐに気づかれてしまう、、、、ん!?(笑)。(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

街で見かけたらどうぞ声をかけてくださいね。
工房の前に停まっておりますので、どうぞ見にいらしてください。

2016 新年

明けましておめでとうございます。
本年も張り工房KoBaをよろしくお願い致します。

今年の広島は依然暖かい一月を迎えています。
菜の花も咲き、日によっては春のようです。
b s

ダイニングチェアーの張り替え

背の部分が籐製のダイニングチェアー張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
ご自分で補強をされながら長年愛用されていたようです。
b bt

張り替え後
二種類の生地を選ばれました。一つはクヴァトラの生地です。
背の籐部分も綺麗に張り替えました。
b at

ダイニングチェアー張り替え

ダイニングチェアーの張り替えをご紹介します。

張り替え前
数年前ご自分で張り替えをされたとのこと。裏側も丁寧にされていました。
b jh

張り替え後
ドット柄をお選びになり、イメージが変わりました。
b a d

今人気のある北欧家具のような雰囲気ですね。
b adz

ダイニングチェアーの張り替え

ダイニングチェアーの張り替えをご依頼いただきました。

張り替え前
ウレタンがへたってきています。座面の前部分をご自分で縫って補正しておられました。
他の部分は綺麗なのにどうしても前の部分から傷んできますね。
bl.jpg

張り替え後

b aa

座面が傷みやすい為、上にのせるクッションを一緒に作ってはどうかとご提案し作製することになりました。
写真は肘掛け付のタイプですが、コーナーもきっちりと合うように型どりをして作製しますので、
クッションとはいえ高級感は損いません。
b ac

本革ソファーの一部張り替え

本革のソファー張り替えをご依頼いただきました。
座と肘掛けの部分が擦れてしまっていました。背の部分は破れておらず、いい味を出していましたのでそのままに。

張り替え後
お選びになった本革が少し明るめで、ツートンカラーのようになります。
茶系の融合ですぐにお部屋になじみそう。
ふっくらとして、包まれるような座り心地です。
革は新品もいいですが年月が経つとこれまたいい色に変化してきますので、楽しみなソファーですね。
b ah

ピアノ椅子張り替え

暖かい師走ですね。
今日はピアノ椅子の張り替えをご紹介します。

張り替え前
まだ表面はきれいですが、イメージチェンジをされたいとのこと。
脚部が洒落た形状です。
b bp

張り替え後
ベルベットの生地を選ばれましたので、その柔らかい生地を生かしてダイヤ柄を作っていく張り方をご提案しました。
中身のウレタンを少し替え、ボタンを増やしました。
既製品のデザインにとらわれず、お客様のイメージから色々とご提案させていただくのは楽しいものです。
b ap

月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

小林邦夫(一級家具技能士)

小林邦夫(一級家具技能士)


楽しさを、想いを、遊びごごろを、カタチに。

古い思い出の家具がよみがえったら。
自分流のこだわりで、カスタマイズできたら。
新発想の家具が造れたら。

一人ひとりの"いいな"を"こころを込めて"より以上のカタチにします。どんなことでも結構です。お気軽にお問い合わせください。


張り工房お取扱品目

[生活をデザイン!椅子カバー創作リメーク/家具のリフォーム/椅子の張り替え、試作/バイク・車両シートの張り替え、作り替え/塗り替え/造作家具/企業などで椅子の試作(型出し)etc.]






張り工房KoBa
------------------------
工房/広島県広島市佐伯区
     八幡東4-8-377-1

電話090-2800-2677
       (小林まで)

harikouboukoba@yahoo.co.jp

(営業時間/9:00~19:00
      定休日/日・祝)


GoogleMap




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。